株式会社ベル・クール研究所 HOME > OEM化粧品 > 注目成分と研究内容

OEM化粧品

注文からお渡しまで

このページでは、ベル・クール研究所が注目しているお肌に有効な成分や研究内容などを随時掲載してまいります。

←戻る

夏の美白対策

2016.06.20

北海道の夏はまだ少し遠いようですが、本州では真夏日のところも多くなってきているのではないでしょうか?そこで今回は、効果も安全性も優れた美白成分「フェニルエチルレゾルシノール」についてご紹介させていただきます。



この美白成分は既存の美白成分コウジ酸、ハイドロキノン、β-アルブチンと比較しても効果が高いと言われています。人の背中を利用したメラニン減少テストではコウジ酸、ハイドロキノン、β-アルブチンより明らかに高い効果を発現しています。メラニン減少効果ではコウジ酸の10倍以上の効果が期待できます。



また、この成分は美白効果が高いにもかかわらず安全性も高くなっています。美白成分で有名なハイドロキノンよりも細胞毒性が低く、 MTT assayで細胞死滅が無いことが確認されています。そして優れた抗酸化能も有しているため抗酸化剤としても使用することが出来ます。



よってフェニルエチルレゾルシノールはハイドロキノンよりも安全性が高く、コウジ酸、β-アルブチンより高いメラニン生成抑制作用を持つため、美白効果と安全性のバランスが良い成分として期待できます。