株式会社ベル・クール研究所 HOME > OEM化粧品 > 注目成分と研究内容

OEM化粧品

注文からお渡しまで

このページでは、ベル・クール研究所が注目しているお肌に有効な成分や研究内容などを随時掲載してまいります。

←戻る

植物からとれたアンチポリューション

2016.06.13

近年、大気汚染に関する話題が連日取り上げられ、身近な危機として我々の身に迫っています。汚染大気、紫外線、PM2.5やタバコの煙など人体に悪い影響を与え、皮膚を老化させる原因となっています。



このような背景から化粧品市場においても様々な外からの刺激による酸化ダメージから、皮膚を守ることのできる天然のエキスが望まれています。ツバキの花から抽出したエキスやオウゴンエキス、イチジク果実エキスなど、強力な抗酸化能力で皮膚を刺激から保護し、皮膚の老化を防ぐ効果が期待されます。



ツバキ花エキスはツバキの花から抽出した安定な天然由来原料で、大気汚染物質から肌を守ります。また優れた抗酸化活性があり、コラーゲンの産生促進による抗シワ効果が期待できます。



オウゴンエキスは環境ストレス抑制、タバコの煙抽出物によるCYP1B1とMMP-1の発見抑制、抗炎症、抗酸化、紫外線防御、ヒアルロン酸保護の効果が期待できます。



イチジク果実エキスは紫外線(UVA・UVB)によるDNAダメージの抑制効果や抗酸化効果とヒアルロン酸の合成促進効果を期待することができます。